最近のコメント

    宮崎アニメ「風立ちぬ」に登場したお菓子「シベリア」は実在した!

    Pocket

    宮崎駿監督のアニメ映画『風立ちぬ』に登場した、シベリアという名のお菓子。

    羊羹をカステラで挟んだ甘いお菓子ということで、山崎製パンからも出ている割と古くからあるお菓子である。

    風立ちぬのシベリア

    実はこのシベリア、昭和時代にはおやつとして広く愛されており、アニメのように当時はどこのパン屋でも製造していたとの記録がある。

    今回はそのシベリアについての紹介だ。

    そもそも、どうしてシベリアという名称なのか?

     冷蔵庫の普及していない時代、ひんやりとした食感と涼しげな名前が好まれ、昭和初期には「子供達が食べたいお菓子No.1」であったと伝えられているが、発祥地から考案者、名称由来、食品分類に至るまで未だ正式な解明がなされていない。
    ~ウィキペディアより引用

    諸説いろいろあり、シベリアの永久凍土に見立てたものや、シベリア鉄道の線路だったり、はたまたシベリア出兵にちなんだもの、そして日露戦争に従軍していた菓子職人が考案したものなど様々である。

    日常描写には定評のあるジブリアニメ、それも食べているシーンにはかなり思い入れのある宮崎監督だ。このシベリアにもモデルがあるのではないかと言われ、ネットではそれがほぼ確定されつつあった。

    西東京市にあるサンローザというパン屋さんである。ここには映画がまだ公開されていない時にジブリの製作所の人が100個くらい買ってたという。場所的にもジブリスタジオに近い位置である。

    サンローザは西武柳沢駅南口から東に100mほど行ったところにある古いパン屋さんだ。
    火曜定休で営業時間は朝の7時から夜の9時までだそうだ。

    映画を観て食べたくなった方はぜひ来店してみるのもいいだろう。


    スポンサーリンク

    amazon

    楽天市場